こんにちは、ゲスト様
新規会員登録
Products/商品カテゴリで選ぶ
Techniques/技法で選ぶ
Creator/作家で選ぶ
Price/価格で選ぶ

モノトナリスタッフMが体験してみました!

2013年10月某日
定期的に開催されている、練り込み陶芸家・草彅桃江さんの練り込み教室。
モノトナリスタッフMが体験してみました!

練り込みとは、陶芸の技法のひとつで、
色の違う土を組み合わせることで模様を作り出す
ちょっと変わった作品ができあがる手法。
今回はかわいらしい花柄の小皿を作るようです。
果たして無事に作品はできあがるのか!?


練り込みには模様を創りだすのに
いろいろな方法がありますが、
今回は金太郎飴のように切り出した模様をパーツを
合体させて一枚のお皿にするようです。
きちんとした説明書もあって
初心者でも安心ですね。


まずは色を選びます。
ベースの土以外に好きな色を3色選びます。
スタッフMは緑と黄緑と黄色のをチョイス。
なんともコントラストのない色の選び方で
仕上がりが心配になります。


パーツをこねこね伸ばして切って、


花が出来上がるように組み合わせます。


組み合わせたものを更に伸ばして、
切ってみると、


わかりづらいですが、きちんと花の模様ができあがっています!
意外と器用なスタッフM。


この作業を繰り返して、


こんなにたくさんできました!


さて、このお花のパーツがどうやって一枚のお皿になるのか。
まずはたくさんのパーツを並べていきます。


そして、外側から押して、ひとつにくっつけるという力技!


力の加減が難しいですね。


だんだんとくっついてきました。


草彅さんも受講生のみなさんにていねいにご指導。


時間をかけてひとつにくっついたらスライスします。
板と糸を使ってきれいに3枚おろしです。


一枚一枚の大きさや表面を整えたら型に押し当てて形を作ります。


銘を入れて、


できました!


十数名の受講者たちでこんなにたくさんの作品ができあがりました!
焼成は後日、草彅さんが工房で行ってくれます。


作品の焼き上がりまで約1ヶ月。
作品ができあがってきました!
焼きあがると模様もはっきりくっきり!
想像以上の出来栄えに大満足!


草彅桃江さんは定期的にこのような体験教室を開催しています。
ブログに最新の情報が掲載されていますので、
ぜひみなさんも練り込みの魅力を味わってみてください。

陶芸教室のスケジュールはこちら
「ももねり陶芸教室。」http://momotougei.exblog.jp